indexメニュー

スポーツ刈りの刈り上げ

パーで切った後の刈り上げ

刈上げのコツは思い切ることです。気持ちが重要。「超簡単!散髪方法」のパーで切った後と仮定します。どうせ刈り上げしてしまう場所もパーで切っておくこと。パーの切り方でも、指が切り易い髪の分量などを体得していきます。練習できる機会は多いほうが上達が早い。かつ、刈り上げもしやすいです。

まず、準備

襟足から何処までを刈り上げるか決めます。初めてなら、理想の半分程度の長さで練習してみて下さい。仮に耳の上までなら耳の下までで練習します。刈り上げない毛ははっきりわかるようにクリップやカチューシャで目印をつけてください。無ければ鉢巻でも紐でもいいので「ここまで」の線をつけてください。

1 櫛ですくって切る練習

襟足の髪を櫛ですくい上げます。櫛から出ている毛を全て切ります。初めに決めた終点の髪の先っぽに向かって櫛をずらします。櫛から出ている毛を切ります。ずらします。切ります。

ちょいコツ

このときのコツは下から上に少しずつ頭皮から遠ざけながら切る。1センチの毛の先っぽに向かってたら遠ざかりますね。すきばさみでなく普通の鋏で切ります。切り終わったら両隣の毛も襟足から切ります。練習終了。

2 刈り上げ本番

次に最初の計画どおり(仮だと耳の上までを)同じ要領で切って下さい。さっきより大胆に切れると思います。

3 毛量調節

仕上げにスキバサミを使う事をお勧めします。刈り上げた部分をスキバサミで目立たない程度にばらばらの長さにします。短い毛が長い毛の寝るのを防ぎ、長持ちします。安物のすき鋏の場合は、頭に突き刺すような角度で使って下さい。寝かせると切れすぎます。すきばさみなければ飛ばしてください。

4 仕上げ

さらにかみそりで襟足を少しだけ剃ります。櫛ですくえなかったひょろひょろした毛を整えます。この一手間でかなりすっきりします。

注意点がわからない

刈り上げは思ったより簡単でした。あまりにあっけなく上手くいったので、失敗しやすいパターンや注意する事が思いつきません。失敗されたら報告いただけると嬉しいです。

長持ちのコツ

伸びてきたらもう一度襟足だけでも剃れば、だらしない感じがなくなります。さらにスキバサミでこんどは表面の長いほうの毛を切れば、長持ちします。刈り上げは維持が大変です。楽しめるかたにはお勧め。

サイト内 刈り上げ関係ページのご案内

SEO [PR] J[h[r @C ₦΍ ^T[o[ SEO